笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】
★ 2018年、10月13日更新

ミニミニ額装

『プリンス・エドワード島の入江』の額(色違い)で
ポストカードを額装してみました。
非常に豪華なポストカードに仕上がりました(笑)

『プリンスエドワード島の入江』をお求めのお客様にプレゼントしておりますが、無くなり次第、終了致します

teppei sasakura teppei sasakura



★ 2018年、9月24日更新

『プリンス・エドワード島の入江』、展示中です!!

今年一番の話題作『プリンス・エドワード島の入江』
只今、ギャラリーにて展示中です

他の作品と同様に、鉄平先生が選んだ額装です

teppei sasakura teppei sasakura


因みに、アレンジ額はコチラです
『シャーロットタウン日暮れ前』のアレンジ額と同じフレームになります

ご注文時にご希望の額装をお選び下さい

teppei sasakura teppei sasakura



★ 2018年、8月24日更新
teppei sasakura

笹倉鉄平最新作『プリンス・エドワード島の入江』~Shining Water~
(上の画像は、作品の一部拡大)

最新作は、今まで少なかった“明るい時間帯の光”を描いた“大型作品”
(サイズは、『エデルシュタイン村へ』や『サン・ルーに降る雪』と
ほぼ同じくらいの特大サイズです)

英題が、“Shining Water”(輝く湖水)とあるように
湖面の描き方に特徴があり
太陽の光とキラキラときらめく水辺を、
鉄平先生らしい筆致で描かれています
(詳細は、笹倉鉄平作品のページをご覧ください)

teppei sasakura



★2018年、8月20日更新

笹倉鉄平作品に込められたメッセージ

最新作『お好きな席へどうぞ』は、
窓から差し込む光が印象的な作品ですが
他にも、作品に込められた作家の想いを感じ取れるようなモノが
いくつか描かれています。

笹倉鉄平_犬


まずは、壁に掛けられた絵画
いろんな犬種、いろんなサイズの犬が描かれていますね

笹倉鉄平_花




テーブルには
綺麗に花が飾られていて
横に有るのは“リザベーションカード”でしょうか?

手前の椅子は、聖書ボックスが付いたチャーチチェアーのようです。。。

笹倉鉄平、chair


奥には楽しそうにお茶を楽しんでいるファミリー?

また、よく見ると、周りの椅子も壁に掛けられた額も
全てバラバラのサイズ、デザインですね



いろんなヒントが散りばめられていて
それらを想像しながら楽しんでいただくと
また新しい発見が有るかもしれません




★2018年、8月4日更新

笹倉鉄平人気作品、BEST3(最新版)

最新版、笹倉鉄平《人気作品BEST3》
集計しましたので、発表致します。

笹倉鉄平_シャーロットタウン


第1位は
今年リリースされたコチラの作品
『シャーロットタウン日暮れ前』


笹倉鉄平_オンネア




続いて、第2位は
昨年より引き続き人気の作品『オンネア』


笹倉鉄平、雨のち夕陽


そして第3位は、
2013年にリリースされた作品
『雨のち夕陽・・・』


どの作品が人気ですか?というご質問を受ける事がよく有ります。
今回のBEST3は、あくまで当ギャラリーの集計ですが
皆さんそれぞれに、マイベスト鉄平作品が有り
自分の好みと、他の方との好みの違いをみるのも楽しいですね。
ご参考までに(笑)




★ 2018年、6月30日更新
teppei sasakura teppei sasakura

笹倉鉄平最新作『ゆっくり流れてゆく』、『ゆっくり過ぎてゆく』、額装画像

作家推奨額は、これからの季節にピッタリな、爽やかで真っ白な額装です(上の画像)
特にご指定が無ければ、こちらの仕様で額装させていただきます

《アレンジ版》
アレンジ額としてオフホワイトでも作成しました(右下の画像)
あまり大きな違いはございませんが
元の白は、爽やかなイメージ、
オフホワイトにすると、落ち着いたイメージになります。
お求めの際に、ご希望をお知らせください。
(詳細は、作品詳細のページをご覧ください)

teppei sasakura teppei sasakura
              


★2018年、6月23日更新

笹倉鉄平、雨の景色を描いた作品たち

梅雨に入り、雨の降る日が多くなってきましたね。
以前は、雨の日が鬱陶しくて嫌いでしたが
歳のせいか(笑)、最近は、雨の日も、それなりに楽しめるようになってきました。

笹倉鉄平作品には、雨の景色を描いた作品も幾つかございます。
今回は、それらの中から数点紹介させていただきます。

笹倉鉄平リフレッシング・レイニー・カラー


こちらは、
2013年リリースの『リフレッシング・レイニー・カラー』

“レイニーカラー”とは、
雨に色など無いのですが、
観る人をリフレッシュさせ、心や体を元気づけるモノの象徴として、
タイトルに使われたとのこと。
また、仕事に追われ、心が乾いてしまったと思う時に
絵の中の爽やかな雨の色に潤いを感じ、心に休息を感じてて頂けたら、という想いで描かれました

笹倉鉄平ヴァンドーム広場




続いてこちらは
2009年リリースの『ヴァンドーム広場』
一見、モノトーン調に見えますが、雨の日独特の空の美しさに惹かれて
描かれた作品です。

雨に濡れた路面に反射する景色、
笹倉鉄平独特の“透明表現”で描かれた街灯など
ヴァンドーム広場の持つ洒落た雰囲気が、画面から伝わってくるように感じます

笹倉鉄平、河沿いのトラム


続いては、2010年リリースの『河沿いのトラム』
(左は、作品の一部)

ブダペストの街、ドナウ河沿いを走るトラムが
夜になると、“走る灯りの箱”のように見えて、
周囲の暗い闇の中を走る姿は、まるで『となりのトトロ』の“猫バス”のようにも感じられたそうです。

今日も生憎、外は雨で、、お客様が少なくなるのは残念ですが(笑)
笹倉鉄平作品のように、 雨の日の美しさや恩恵を感じて過ごしていると
窓の向こうの雨の景色も
まんざら、悪くもないなあと感じております




★2018年、5月26日更新

笹倉鉄平最新DVDは、BGMにもご注目ください!

とてもミラクルな出来事がありました。
発売されたばかりの笹倉鉄平DVD《やすらぎの絵画世界》
昨日、ギャラリー店頭で映像を流していて、ある事を発見!
笹倉鉄平作品のバックで流れるBGMに・・馴染みのある曲が・・・

笹倉鉄平DVD


なんと、なんと
当ギャラリーで度々LIVEを開催している
店主イチオシのミュージシャン
アコースティック・インスト・デュオ“さらさ”の曲が
BGMに使われているではないですか・・・


さらさ




ギャラリーでは、
笹倉鉄平作品の背景に一番似合う音楽と思い
ここ数年間、流しておりましたが、、、
公式のBGMに(笑)



笹倉鉄平、さらさ


偶然ですが、
ちょうど良いタイミングで、彼らのLIVEを開催します。

《日時》2018年6月9日(土曜)19:00開演
《会場》元町コンフォートギャラリー
《料金》前売り3,000円、当日3,500円
(ドリンク、フィンガーフード、スイーツ付き)

今回のメインビジュアル作品は、『シャーロットタウン日暮れ前』です。
ご興味がございましたら、どうぞお越し下さい

笹倉鉄平、特典映像


また、今回のDVDには、
とても貴重な特典映像がございます。

鉄平先生は、作品制作中、非常に集中されますので
通常、絶対に見ることが出来なかったのですが
今回、“油彩画『両手広げて』が出来るまで”、という映像(約8分)が収録されております。
4ヶ月分が、早送りで、パ~っと流れます。
描き方も、非常に興味深い点がございました。

本編も勿論、素晴らしいですが
こちらの特典映像だけでも十分に価値の有る内容です。

ギャラリーでも販売しておりますが
郵送をご希望の場合は、★“グッズ”もしくは
★“ご注文、お問い合わせ”のページからご注文下さい。




★ 2018年、5月5日更新

《11周年記念展》開催中です!

たくさんの犬や猫たちが
皆様のご来店をお待ちしております。。。

11周年1 11周年2
11周年3 11周年4
11周年5 11周年6
11周年7 11周年8
11周年9 11周年0




★ 2018年、4月28日更新
teppei sasakura teppei sasakura

元町コンフォートギャラリー“11周年”記念展

お陰様で『元町コンフォートギャラリー』は、この度11周年!を迎えました。
(2007年4月28日オープン)

そこで日頃の感謝の気持ちを込めまして
期間中は、普段展示も困難な作品を特別に販売させていただきます。

2018年4月27日(金)~5月7日(月)
★~11周年記念、感謝の11日間~★


期間中は、既に一般販売分が完売して、
普段、販売対象外になっている作品を
特別に販売致します。

鉄平先生が、版画の上に1枚ずつ違うイメージを描き入れた
原画付きの版画作品『芸術橋の上で』
リリース後、早々に完売した人気作品『僕とボビーと秘密の店と』
『グレヴタイの庭』、『おかえり!』、『ブーゲンビリアの小路』など
最近では、展示する事もない作品を、特別に販売致します。

また、僅かですが、画集も『笹倉鉄平全版画集1991~2002』、
『ヨーロッパ旅の画集』などを用意しております

どうぞ、この機会をお見逃しなく!
皆様のご来店をお待ちしております




★2018年、3月25日更新(4月7日追記)

笹倉鉄平最新作『シャーロットタウン日暮れ前』展示中!

今作は、緑の季節を描いた作品ながら
敢えて、日暮れ前の、やや薄暗くなった時間帯が描かれており
建物の向こう側に日が沈む時特有の美しい光が、優しいタッチで表現されています。

笹倉鉄平シャーロットタウン日暮れ前


 作品左側の一部をズームしますと
芝生の緑と、紫色の建物。

手前に街灯を描くことで遠近感が表現されており、
これだけでも一つの作品として成り立ちそうですね。

また、この2色は、
2015年リリースの名作『モーゼルのぶどう畑・・・』を
彷彿とさせるような印象もあり
この作品で特に好きなところです。

笹倉鉄平シャーロットタウン




こちらは、作品中央部分
日が暮れるまで野球を楽しむ子供たち、
それを優しく見守る後ろ姿の二人

私は、この二人を自分達に置き換えて眺めていました。

二十年後くらいでしょうか・・・(笑)
たぶん、カナダではなく、神戸の山の方で・・・

笹倉鉄平、シャーロットタウン日暮れ前


こちらは、作品右側、

登場人物が皆、左側を向いているのは
作品内の中心人物(?)へ、自然と視線が向かうように、
(作品全体画像と見比べてください)

また、右端の建物(実際は高齢者のコミュニティハウスのような施設だったそうです)からは、優しい明かりが漏れてきます。

笹倉鉄平、シャーロットタウン日暮れ前


どれも、普通の、平和な日常のワンシーンですが、
懐かしかったり、優しい気持ちになったり、、、
不思議な魅力が溢れる作品です。

只今展示中!
★作品詳細はコチラ




★2018年、3月6日更新(3月10日追記)

笹倉鉄平人気作品、BEST3

先日、ご来店下さったお客様から
“最近は《人気作品BEST3》が無いですね~、毎回楽しみにしていたのに・・・”
と言っていただき、
久し振りに集計しましたので、こちらで発表させていただきます。

笹倉鉄平_ボーデン湖から


 まず、第1位から
『聖ミクラーシュ教会、雪の眺望』

今まで有りそうで無かった色合いの雪景色、
雪景色なのに温かい。〈T様(京都府)〉
作品に込められたメッセージが心に響きました。〈S様(奈良県)〉、他

これは、もう、皆さん納得の1位ですね

笹倉鉄平_モーゼル




続いて、第2位
『両手ひろげて』

制作に4ヶ月掛かったという超大型作品。

凄い迫力に引き込まれました。〈T様(兵庫県)〉
どこを切り取っても一つの作品になりそうな濃い作品。〈O様(兵庫県)〉、他

サイズだけでなく、いろんな点で、笹倉鉄平作品史上最大の作品でした

笹倉鉄平、アルゼット


そして第3位は、

最新作の『どうしたの?』

新居の玄関にピッタリの作品。帰宅後に玄関でいつもホッと出来るのが嬉しい〈H様(大阪府)〉
旅行で行ったストックブリッジの風景を思い出して・・〈O様(奈良県)〉、他

まだ、出たばかりの最新作ですが、堂々のランクイン

という事で、やはり、直近の作品が上位を占めましたね。

これらの作品以外では、『ブルースノー』、『雨のち夕陽・・・』なども
相変わらずの人気でした。

もちろん、皆さん作品の好みはそれぞれで
自分の心に響いた作品を飾っていただくのが一番ですが
どちらにしようかと悩まれた時のご参考に (笑)


(3月10日追記)
なんと、、もう次の新作が発表されました
『シャーロットタウン日暮れ前』
あの“赤毛のアン”の物語の舞台として、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?
また、今までに無かった新しい“光”の描写ですね。

かれこれ28年ほど、鉄平先生の作品を見続けておりますが
まあ、よくこれだけ毎回、新しい事に挑戦されて
今さらなんですけど、改めて、、、

凄い作家さんだなあ。
同じ時代に生きてて幸せだなあ~。
(今、一人で感動して盛り上がっています。。。)

当ギャラリーも、もうすぐ“11周年”を迎えますが
改めて、、
“笹倉鉄平専門画廊”、、で良かった(笑)。




★ 2018年、2月19日更新
teppei sasakura

くまのプーさん、と言えば・・・

羽生選手の金メダル、素晴らしかったですね~
おめでとうございます。

そして演技終了後に、雨のように降ってきた“プーさん”(笑)
羽生選手がお気に入りだとか・・・

そう言えば
笹倉鉄平作品にも、“プーさん”と関係のある作品が。
一枚だけ、ありました。

東日本大震災の後、
復興の為にアーティストとして何が出来るかを考え
鉄平先生が、真っ先に取り掛かったという
多くの方を元気付けるための“希望”を感じさせる作品
『こもれび~大切な景色は消えない~』

“震災で失われ一変してしまった景色があっても、
その場所で過ごした大切な想い出や、その光景は
心の中で消えることなく生き続ける”
そんなメッセージを込めて描かれた作品でした。

そして、作品で中央に描かれる橋は
実際には、とても狭い橋だったので
ふと、くまのプーさんの話に登場する
イギリス南部“アッシュダウン村の”棒投げ橋”がイメージされ
それを描くことになったとの事。

そう言えば、羽生選手も東北出身で
震災当時は、避難所で家族4人過ごしていたという話を
随分前にテレビで聞いた事がありましたが

鉄平先生も、この作品を描いた2011年は、羽生選手とプーさんの話など
もちろん知る事も無かったかと思います。

雨のように降る“プーさん”を見て、
偶然の繋がりに驚き、
素晴らしい金メダルと共に、とても感動した光景でした。

『こもれび~大切な景色は消えない』(2011年)




★ 2018年、2月10日更新
teppei sasakura teppei sasakura

笹倉鉄平最新作『どうしたの?』

今作は、過去に発表された幾つかの作品と“対をなす”作品と捉える事ができます。
一つは、2012年1月に発表され、瞬く間に完売した『僕とボビーと秘密の店と』
作品サイズが同サイズという事もありますが
木陰に座り、こちらを振り返っている愛らしい姿の犬という構図が
連作のようで、並べて飾っても楽しんでいただけます。

一昨年に発表され、こちらも販売分が終了した人気作品『見つけた!』(An Upward Glance)は、英題が“上目遣い”
今作も、なんとも愛らしい困り顔の犬の目が印象的な作品で
タイトルからも、繋がるメッセージが伝わります。




★ 2018年、1月6日更新
teppei sasakura teppei sasakura

戌年を迎えて(笹倉鉄平作品と犬)

笹倉鉄平作品には、多くの作品の中で、犬(猫の場合も)が描かれていることは
皆さんよくご存知かと思います。

特に、鉄平先生の愛犬ビリー君は、作品の中に度々登場していましたので
当時、実は、犬が、とっても苦手だった私も、
ビリー君に会う事だけは、楽しみでした。

そして、鉄平先生のアトリエで、ビリー君と初めて会ったのは26年か27年前
もう、これでもかというくらいに吠えられ・・・(笑)
ああ、やっぱり犬は苦手だなあと思ったことを
ふと思い出した、、今年のお正月でした。

そんな私も、今ではイタリアングレイハウンドのジョジョを溺愛する愛犬家に・・
40年以上も、犬に触れる事すら出来なかった私が
犬を飼うきっかけになったのも、笹倉鉄平作品のお陰ですね。

そして今年は、待ちに待った戌年!
沢山の犬が描かれた『朝霧のケンジントン公園』、『散歩の時間に』、『両手ひろげて』、
また、犬を飼った事がある人は、思わずニヤリとさせられる『オーデンセの綿雪』、
犬の表情が印象的な『他にも道はある』、『おかえり!』など

今年も笹倉鉄平作品な中で、可愛い犬達の姿をお楽しみください。

『他にも道はある』(左)、『おかえり!』(右)




★ 2018年、1月1日更新
teppei sasakura teppei sasakura

明けましておめでとうございます。

今年は12年に1度の戌年!
看板犬のジョジョ君には、益々元気に頑張ってもらいたいと思っております。
皆様にとって素晴らしい年になりますように
今年も宜しくお願い致します。

『朝霧のケンジントン公園』(左)






★ これまでのギャラリー情報

“お時間がございましたら是非こちらもご覧ください”

~2017年以前のページはこちら~

2017年のギャラリー“ギャラリー2017”をご覧下さい

2016年のギャラリー“ギャラリー2016”をご覧下さい

2015年のギャラリー“ギャラリー2015”をご覧下さい

2014年のギャラリー(第4回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2014”をご覧下さい

2013年のギャラリー“ギャラリー2013”をご覧下さい

2012年のギャラリー(第3回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2012”をご覧下さい

2011年のギャラリー(カダケスの旅、他)は“ギャラリー2011”をご覧下さい

2010年のギャラリー(第2回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2010”をご覧下さい

2009年のギャラリー“ギャラリー2009”をご覧下さい

2008年のギャラリー“ギャラリー2008”をご覧下さい

2007年のギャラリー(第1回笹倉鉄平サイン会等)は“ギャラリー2007”をご覧下さい

ピックアップ!(笹倉鉄平ファンの皆様紹介コーナー)“ギャラリーのお客様”をご覧下さい



(C)All of Art TEPPEI SASAKURA/ART TERRACE
このホームページで使用している作品画像については
笹倉鉄平作品の版元(株式会社アートテラス)より掲載の許可を得ております。
画像・文章の転載、引用はお控え下さいませ
(笹倉鉄平オフィシャルHP http://www.teppei.net/

笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】