笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】
★ 2018年、5月5日更新

《11周年記念展》開催中です!

たくさんの犬や猫たちが
皆様のご来店をお待ちしております。。。

11周年1 11周年2
11周年3 11周年4
11周年5 11周年6
11周年7 11周年8
11周年9 11周年0




★ 2018年、4月28日更新
teppei sasakura teppei sasakura

元町コンフォートギャラリー“11周年”記念展

お陰様で『元町コンフォートギャラリー』は、この度11周年!を迎えました。
(2007年4月28日オープン)

そこで日頃の感謝の気持ちを込めまして
期間中は、普段展示も困難な作品を特別に販売させていただきます。

2018年4月27日(金)~5月7日(月)
★~11周年記念、感謝の11日間~★


期間中は、既に一般販売分が完売して、
普段、販売対象外になっている作品を
特別に販売致します。

鉄平先生が、版画の上に1枚ずつ違うイメージを描き入れた
原画付きの版画作品『芸術橋の上で』
リリース後、早々に完売した人気作品『僕とボビーと秘密の店と』
『グレヴタイの庭』、『おかえり!』、『ブーゲンビリアの小路』など
最近では、展示する事もない作品を、特別に販売致します。

また、僅かですが、画集も『笹倉鉄平全版画集1991~2002』、
『ヨーロッパ旅の画集』などを用意しております

どうぞ、この機会をお見逃しなく!
皆様のご来店をお待ちしております




★2018年、3月25日更新(4月7日追記)

笹倉鉄平最新作『シャーロットタウン日暮れ前』展示中!

今作は、緑の季節を描いた作品ながら
敢えて、日暮れ前の、やや薄暗くなった時間帯が描かれており
建物の向こう側に日が沈む時特有の美しい光が、優しいタッチで表現されています。

笹倉鉄平シャーロットタウン日暮れ前


 作品左側の一部をズームしますと
芝生の緑と、紫色の建物。

手前に街灯を描くことで遠近感が表現されており、
これだけでも一つの作品として成り立ちそうですね。

また、この2色は、
2015年リリースの名作『モーゼルのぶどう畑・・・』を
彷彿とさせるような印象もあり
この作品で特に好きなところです。

笹倉鉄平シャーロットタウン




こちらは、作品中央部分
日が暮れるまで野球を楽しむ子供たち、
それを優しく見守る後ろ姿の二人

私は、この二人を自分達に置き換えて眺めていました。

二十年後くらいでしょうか・・・(笑)
たぶん、カナダではなく、神戸の山の方で・・・

笹倉鉄平、シャーロットタウン日暮れ前


こちらは、作品右側、

登場人物が皆、左側を向いているのは
作品内の中心人物(?)へ、自然と視線が向かうように、
(作品全体画像と見比べてください)

また、右端の建物(実際は高齢者のコミュニティハウスのような施設だったそうです)からは、優しい明かりが漏れてきます。

笹倉鉄平、シャーロットタウン日暮れ前


どれも、普通の、平和な日常のワンシーンですが、
懐かしかったり、優しい気持ちになったり、、、
不思議な魅力が溢れる作品です。

只今展示中!
★作品詳細はコチラ




★2018年、3月6日更新(3月10日追記)

笹倉鉄平人気作品、BEST3(最新版)

先日、ご来店下さったお客様から
“最近は《人気作品BEST3》が無いですね~、毎回楽しみにしていたのに・・・”
と言っていただき、
久し振りに集計しましたので、こちらで発表させていただきます。

笹倉鉄平_ボーデン湖から


 まず、第1位から
『聖ミクラーシュ教会、雪の眺望』

今まで有りそうで無かった色合いの雪景色、
雪景色なのに温かい。〈T様(京都府)〉
作品に込められたメッセージが心に響きました。〈S様(奈良県)〉、他

これは、もう、皆さん納得の1位ですね

笹倉鉄平_モーゼル




続いて、第2位
『両手ひろげて』

制作に4ヶ月掛かったという超大型作品。

凄い迫力に引き込まれました。〈T様(兵庫県)〉
どこを切り取っても一つの作品になりそうな濃い作品。〈O様(兵庫県)〉、他

サイズだけでなく、いろんな点で、笹倉鉄平作品史上最大の作品でした

笹倉鉄平、アルゼット


そして第3位は、

最新作の『どうしたの?』

新居の玄関にピッタリの作品。帰宅後に玄関でいつもホッと出来るのが嬉しい〈H様(大阪府)〉
旅行で行ったストックブリッジの風景を思い出して・・〈O様(奈良県)〉、他

まだ、出たばかりの最新作ですが、堂々のランクイン

という事で、やはり、直近の作品が上位を占めましたね。

これらの作品以外では、『ブルースノー』、『雨のち夕陽・・・』なども
相変わらずの人気でした。

もちろん、皆さん作品の好みはそれぞれで
自分の心に響いた作品を飾っていただくのが一番ですが
どちらにしようかと悩まれた時のご参考に (笑)


(3月10日追記)
なんと、、もう次の新作が発表されました
『シャーロットタウン日暮れ前』
あの“赤毛のアン”の物語の舞台として、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?
また、今までに無かった新しい“光”の描写ですね。

かれこれ28年ほど、鉄平先生の作品を見続けておりますが
まあ、よくこれだけ毎回、新しい事に挑戦されて
今さらなんですけど、改めて、、、

凄い作家さんだなあ。
同じ時代に生きてて幸せだなあ~。
(今、一人で感動して盛り上がっています。。。)

当ギャラリーも、もうすぐ“11周年”を迎えますが
改めて、、
“笹倉鉄平専門画廊”、、で良かった(笑)。




★ 2018年、2月19日更新
teppei sasakura

くまのプーさん、と言えば・・・

羽生選手の金メダル、素晴らしかったですね~
おめでとうございます。

そして演技終了後に、雨のように降ってきた“プーさん”(笑)
羽生選手がお気に入りだとか・・・

そう言えば
笹倉鉄平作品にも、“プーさん”と関係のある作品が。
一枚だけ、ありました。

東日本大震災の後、
復興の為にアーティストとして何が出来るかを考え
鉄平先生が、真っ先に取り掛かったという
多くの方を元気付けるための“希望”を感じさせる作品
『こもれび~大切な景色は消えない~』

“震災で失われ一変してしまった景色があっても、
その場所で過ごした大切な想い出や、その光景は
心の中で消えることなく生き続ける”
そんなメッセージを込めて描かれた作品でした。

そして、作品で中央に描かれる橋は
実際には、とても狭い橋だったので
ふと、くまのプーさんの話に登場する
イギリス南部“アッシュダウン村の”棒投げ橋”がイメージされ
それを描くことになったとの事。

そう言えば、羽生選手も東北出身で
震災当時は、避難所で家族4人過ごしていたという話を
随分前にテレビで聞いた事がありましたが

鉄平先生も、この作品を描いた2011年は、羽生選手とプーさんの話など
もちろん知る事も無かったかと思います。

雨のように降る“プーさん”を見て、
偶然の繋がりに驚き、
素晴らしい金メダルと共に、とても感動した光景でした。

『こもれび~大切な景色は消えない』(2011年)




★ 2018年、2月10日更新
teppei sasakura teppei sasakura

笹倉鉄平最新作『どうしたの?』

今作は、過去に発表された幾つかの作品と“対をなす”作品と捉える事ができます。
一つは、2012年1月に発表され、瞬く間に完売した『僕とボビーと秘密の店と』
作品サイズが同サイズという事もありますが
木陰に座り、こちらを振り返っている愛らしい姿の犬という構図が
連作のようで、並べて飾っても楽しんでいただけます。

一昨年に発表され、こちらも販売分が終了した人気作品『見つけた!』(An Upward Glance)は、英題が“上目遣い”
今作も、なんとも愛らしい困り顔の犬の目が印象的な作品で
タイトルからも、繋がるメッセージが伝わります。




★ 2018年、1月6日更新
teppei sasakura teppei sasakura

戌年を迎えて(笹倉鉄平作品と犬)

笹倉鉄平作品には、多くの作品の中で、犬(猫の場合も)が描かれていることは
皆さんよくご存知かと思います。

特に、鉄平先生の愛犬ビリー君は、作品の中に度々登場していましたので
当時、実は、犬が、とっても苦手だった私も、
ビリー君に会う事だけは、楽しみでした。

そして、鉄平先生のアトリエで、ビリー君と初めて会ったのは26年か27年前
もう、これでもかというくらいに吠えられ・・・(笑)
ああ、やっぱり犬は苦手だなあと思ったことを
ふと思い出した、、今年のお正月でした。

そんな私も、今ではイタリアングレイハウンドのジョジョを溺愛する愛犬家に・・
40年以上も、犬に触れる事すら出来なかった私が
犬を飼うきっかけになったのも、笹倉鉄平作品のお陰ですね。

そして今年は、待ちに待った戌年!
沢山の犬が描かれた『朝霧のケンジントン公園』、『散歩の時間に』、『両手ひろげて』、
また、犬を飼った事がある人は、思わずニヤリとさせられる『オーデンセの綿雪』、
犬の表情が印象的な『他にも道はある』、『おかえり!』など

今年も笹倉鉄平作品な中で、可愛い犬達の姿をお楽しみください。

『他にも道はある』(左)、『おかえり!』(右)




★ 2018年、1月1日更新
teppei sasakura teppei sasakura

明けましておめでとうございます。

今年は12年に1度の戌年!
看板犬のジョジョ君には、益々元気に頑張ってもらいたいと思っております。
皆様にとって素晴らしい年になりますように
今年も宜しくお願い致します。

『朝霧のケンジントン公園』(左)




★ 2017年、12月23日更新
teppei sasakura teppei sasakura

新年のギャラリー1月4日より始めます

早いもので、年内の営業日も、あと3日のみとなりました。
年内は、12月25日迄、
新年は、1月4日より通常通り営業致します。

今年も皆様、ありがとうございました。
笹倉鉄平作品も皆様にご案内し続け
4月で、ギャラリーは11周年!。
2018年も宜しくお願い致します。




★ 2017年、11月17日更新

額装画像『聖ミクラーシュ教会、雪の眺望』

只今、展示中です。
今作の鉄平先生推奨額は、シャンパンゴールドで、デコラティブな模様が入った額です。
(画像クリックで拡大表示になります)


笹倉鉄平_聖ミクラーシュ 笹倉鉄平_聖ミクラーシュ



★ 2017年、11月12日更新

額交換(『両手ひろげて』)

お客様のT様からのご注文で
『両手ひろげて』の額を交換をしました。

来月、引越しされる部屋の雰囲気に合わせ
シャンパンゴールドから、木目の幅広タイプに。

ご希望の方は、ご注文の際に、合わせてご依頼ください。
(画像クリックで拡大表示になります)


笹倉鉄平_両手ひろげて 笹倉鉄平_padstow



★ 2017年、10月28日更新

笹倉鉄平、今年最後の作品は、『聖ミクラーシュ教会、雪の眺望』!

“超特大サイズ作品”の次は、“かわいいサイズ”の作品になりました。
こちらの作品、恒例のクリスマス作品なんですが・・・
一見すると、クリスマス的な要素が描かれていないようにも見えますね。

いえいえ、実は、実は、しっかりと、クリスマス作品なんですよ
ヒントは、“セントミクラーシュ”という名前に・・・

★作品詳細は『聖ミクラーシュ教会、雪の眺望』をご覧下さい


笹倉鉄平_作品_聖ミクラーシュ



★ 2017年、9月22日更新

笹倉鉄平最新作『両手ひろげて』、拡大してみると・・

下の画像は、作品の一部(作品の約50分の1)を切り取ったものですが、、
その中にも、いろんなストーリーが隠れております。

また、単に細かいだけではなく、全体の画面構成上の工夫や、他諸々、、、
4ヶ月間、じっくりと筆を重ねられた跡が随所に見られるのも、
この作品の素晴らしいところですね。


笹倉鉄平_両手ひろげて 笹倉鉄平_両手ひろげて



★ 2017年、9月22日更新

笹倉鉄平最新作、『両手ひろげて』の額装画像です

今回、鉄平先生が選んだ額は、
擦れ模様が入ったシャンパンゴールドの幅広額です。

ご注文時、特にご指定が無ければ、こちらの基本仕様で額装させていただきます。


笹倉鉄平_両手ひろげて 笹倉鉄平_両手ひろげて



★ 2017年、9月2日更新

笹倉鉄平最新作、『両手ひろげて』は、笹倉鉄平の画歴“最大幅”の作品!

最新作の絵柄が発表されましたが、
この作品、とにかく大きい!
なんと、鉄平先生の長い画歴の中でも最大の作品とのこと。

作品制作に費やした期間は、なんと、延べ4ヶ月
これまでに無かった色彩で、素晴らしい作品に仕上がっております。
是非、ギャラリーでご覧下さい。

★作品詳細は『両手ひろげて』をご覧下さい


笹倉鉄平_作品_両手ひろげて



★ 2017年、8月16日更新
笹倉鉄平_radio 笹倉鉄平_radio

パリ、モンマルトルより。。。

先日は、9年前に笹倉鉄平作品『モンマルトル』の構図で撮影した写真を
“笹倉鉄平作品で描かれた街”のページで紹介させていただきましたが
今回は、今から数分前に撮影された現在のモンマルトルの写真です(笑)。
お盆休みで旅行中の大阪府八尾市SさんファミリーからLINEで送っていただきました。
(随分便利になりましたね~)
ありがとうございました。素敵な旅をお楽しみください



★ 2017年、8月6日更新
笹倉鉄平_radio

“兵庫県で頑張っている人達”として紹介していただきました。

ラジオ関西とFM11局が合同で制作、放送する番組
“ラジネットひょうご”で
神戸元町で10年間、1人の作家の作品だけを扱う
ちょっと変わったギャラリー、、として、、
10年間、頑張ってるな~と(笑)、紹介していただきました。

慣れない仕事でしたが
DJの方やスタッフの皆さんのお陰で
楽しい経験をさせていただきました。ありがとうございます。



★ 2017年、7月22日更新

★笹倉鉄平最新作『モンマルトル』、展示中!

最新作『モンマルトル』
あのパリ展から9年間、、待った甲斐がありました。

鉄平ブルーとも言われる夜景の青が、映える額装に仕上がっております。

今回、鉄平先生が選んだ額は、シルバーのシンプルな平額に、
マットの色は、原画の額装等に度々使われる濃紺色の落とし込みになりました。

ご注文時、特にご指定がなければ、こちらの額装でお届け致します。

笹倉鉄平_作品_モンマルトル モンマルトル額装



★ 2017年、7月1日更新

笹倉鉄平最新作、『モンマルトル』

今作は、今まで版画になっておりませんでしたが
正に皆さんご存知の・・・という作品ですね。

9年前、“日仏交流150周年”を記念して、
パリで開催された笹倉鉄平展では、告知ポスターにも使われ
会場正面に、ドーンと飾られていた作品です。

今回、皆様からの版画制作のリクエストにより、
やっとやっと、リリースが決まりました。

発表から9年目の版画化は、非常に珍しいことで
ギャラリーでも、リクエストの声を聞いておりましたので
喜んでいらっしゃる方の顔が、目に浮かびます(笑)

また、例の如く、
ちょっとしたトリックが隠されておりますが
分かりますでしょうか、、
隅々までよ~くご覧いただきますと・・
★作品詳細はコチラ

笹倉鉄平_作品_モンマルトル



★ 2017年、6月22日更新(23日追記)

笹倉鉄平最新作『青空――アルゼット』、展示中

最新作、『青空――アルゼット』

実際に目にした作品の“水面の色”は、
事前に案内された画像より、明るく澄んだブルーで
正に澄み切った青空の色でした
(是非、実物をご覧下さい)

また、今回、鉄平先生が選んだ額装は
ベージュとシャンパンゴールドの平面額。
こちらも今まで使ったことが無いタイプの額で新鮮です。
(特にご指定が無い場合は、こちらのオリジナルフレームで額装到します。)

*画像クリックで拡大します

笹倉鉄平_作品_青空-アルゼット オンネア_青空_アルゼット



★2017年、6月10日更新

アルゼット~モーゼル~ボーデン湖からライン河へ

鉄平先生が“5年越し”で仕上げたという最新作、
『青空――アルゼット』
大変、好評をいただいております。

ちなみに、今回描かれた“アルゼット川”
一昨年に発表された、『モーゼルのぶどう畑と笑顔になる水辺』
で描かれた、ドイツとの国境に流れる“モーゼル川”の支流で

更に、その“モーゼル川”は、
昨年に発表された、『ボーデン湖からライン河へ』の
“ライン河”へと合流していきます。

笹倉鉄平_ボーデン湖から


『ボーデン湖からライン河へ』
(2016年)



笹倉鉄平_モーゼル




『モーゼルのぶどう畑と笑顔になる水辺』
(2015年)




笹倉鉄平、アルゼット


そしてコチラが

『青空――アルゼット』
(2017年)



作品それぞれ、光の表現に特徴が有り、
もちろん1点で飾っていただくのも良いですが

どの組み合わせで飾っても、美しく調和して、
各国をクルージングで旅しているようなイメージで
お楽しみいただけます


ご参考までに・・・
今作で描かれた“アルゼット川”が流れる“ルクセンブルク”という国は

面積は、神奈川県とほぼ同じくらい
(でも、人口は、神奈川県の約6%ほど)
フランス、ドイツの両大国に挟まれた、とても小さな国です。




★ 2017年、6月4日更新

ギャラリーコンサートvol.18、『VOYAGE』。

“さらさ”のニューアルバム『VOYAGE』のイメージで
笹倉鉄平作品の中から、旅をイメージする作品や、楽器が登場する作品を展示。
さらさの演奏でお届けしました

(当日の様子を少しだけアップしております)
ギャラリーコンサートvol.18

さらさ『VOYAGE』


★ 2017年、5月20日更新

笹倉鉄平★最新作『青空―アルゼット』が発表されました。

これまで描いたことのない、心惹かれる構図の風景に出会った。
天気の良い快適な日で、抜けるような空の青色が、
一段と濃く川面に映えていた。
(作家コメントより)

(モチーフになったのは、ルクセンブルクの街を流れるアルゼット川沿いの風景)
★作品詳細はコチラ

青空―アルゼット 笹倉鉄平


★ 2017年、5月10日更新

《10th Anniversary》ご来店ありがとうございました。

“10周年記念”展は
店主がギックリ腰になる・・等、のハプニングがございましたが・・
皆さんに喜んでいただき、ホッとしております。

また、全国各地から、お花や、心温まるメッセージも沢山いただき
感謝の気持ちでいっぱいです。



すっかり、“プチ花屋さん”のようになり(笑)
感謝の気持ちを通り越して、申し訳なく思っております。
本当にありがとうございます。

来年の周年イベントは、(中途半端な、11年目でもありますので・・)
お気遣いなく、お気軽にお立ち寄り下さい。

さて、何をやろうか・・と、今から頭を悩ませております(笑)


★プチ原画展★の作品の一部は
まだ暫く(21日頃迄)展示する予定です
ご覧いただけなかったお客様は、どうぞご覧下さいませ。

10周年7 10周年8
10周年1 10周年2
10周年5 10周年6
10周年3 10周年4
10周年3 10周年4
10周年3 10周年4
10周年3 10周年4




★ 2017年、4月25日更新

お陰様で、10周年を迎えます。《10th Anniversary》開催

今月28日で、
元町コンフォートギャラリーは10周年を迎えます。

これも偏に、笹倉鉄平作品を大切に思って下さる皆様のお陰と心より感謝しております。

思い起こせば、26年前
画家として制作活動に専心されるようになった鉄平先生に

いつか笹倉鉄平作品だけを扱うギャラリーをやってみたい
将来の夢を語り・・・
コツコツとボーナスを貯めては、少しずつ作品を集めておりました(笑)

そして10年と少し前、
鉄平先生の会社の方から
関西を拠点に、笹倉鉄平作品を展示販売してくれる店が有れば、、
というお話を聞き
かなり思い切って、前の会社を閉めて
手探り状態で始めたギャラリーでした。

オープン当時は、
どなたも来られない日が、何日も続いたり、(笑)
他にも大変な事は、ございましたが

今では、北海道、東北、関東から、四国、九州、沖縄まで
(少しですが、海外(イタリア、フランス、アメリカ)からも、)
わざわざお客様が、いらっしゃるようになるとは
当時は、全く全く、想像も出来ませんでした。

これは、もちろん、私達の力ではなく、
お客様が、また別のお客様を紹介して下さり
そして、そのお客様がまた、ご友人や知人に紹介して下さり、と
正に、皆さんに育てていただいたギャラリーだと思っております。

そして、ついでに白状しますと、、
実は、犬が大の苦手だった私が、
すっかり“愛犬家”になることも、、

当時は、全く想像できませんでした。
(環境が人を変える、という事でしょうか・・(笑))

無駄に長い前置きになりました、、

これからも、皆様に喜んでいただけるように
精一杯頑張ります。今後とも宜しくお願い致します。



★《元町コンフォートギャラリー、10th アニバーサリー》★
~4月28日(金)~5月8日(月)~

(期間中は、火曜日、水曜日も営業しております)

笹倉鉄平原画1 笹倉鉄平原画2
笹倉鉄平原画3 笹倉鉄平サントロペ
笹倉鉄平全版画集 笹倉鉄平フィレンツェ

感謝の身持ちを込めまして、
原画作品や名作版画作品をコーナー展示、

今では入手が難しくなった絶版画集を特別に販売(数量限定)、など
この時期だけの特別な内容でお届け致します。

画像1段目、『シュロスオルト』の原画
画像1段目、『花市』の原画

画像2段目、『セーヌ渓谷の農村』の原画(『ラ・メゾン・ド・ノルマンディ』の習作)
画像2段目、『サントロペ』(シルクスクリーン)

画像3段目、「全版画集1991-2002」、他
画像3段目、「2005年、フィレンツェ展画集」


また、原画作品は、前半(28日~2日)、後半(3日~8日)で
少し内容が変わる予定です。

もちろん人気の最新作、『オンネア』など、近作も展示しております。





★ 2017年、4月14日更新

笹倉鉄平『オンネア』、アレンジ額(人気順)

今回のアレンジ額は、
作品の中で描かれたフィスカルス(フィンランド)の建物の窓枠をイメージして

幅広で平面の“木目を残したナチュラルな白”(写真上)

同じく幅広の“淡いグリーン”(写真下)

基本額を含め、全3種類を展示中です。


(4月22日追記)

電話とメールで、どの額が一番人気ですか?
というご質問が続きましたので
こちらからお答え致します

今のところ・・

1位、(グリーン)
2位、3位、(同数でパールと、平面のホワイト)。

お部屋の雰囲気によって、違ってきますが
どれが合うのか分からない、、という方は、基本額のパール。
ナチュラルなイメージにされたい、という方は、グリーン
どんなお部屋にでも合うのが、ホワイト、、でしょうか

笹倉鉄平オンネア額 笹倉鉄平オンネア額
笹倉鉄平オンネア額 笹倉鉄平オンネア額


★ 2017年、4月8日更新

笹倉鉄平最新作『オンネア』、展示中です

最新作『オンネア』
今回、鉄平先生が選んだ額は、パールホワイトのフレームです。
(特にご指定が無ければ、こちらのオリジナルフレームで額装致します

また、アレンジ額の方は、
来週頃に、改めて紹介させていただく予定です。
(淡いグリーンの額装を準備しております)

笹倉鉄平_作品_オンネア オンネア_笹倉鉄平


★ 2017年、4月1日更新

最新画集『やすらぎの時間』の特別装丁版(限定285部)

既に“笹倉鉄平作品”のページでもお知らせしておりますが
最新作『オンネア』には、
限定285部の“特別装丁版画集”(やすらぎの時間)が付いております。



前回の画集発行以降に発表された2010年~2016年発表の版画作品が全て
掲載されております。(日本を描いた作品は除く)

普段、ギャラリーで展示することが多い、
6~7年間に発表された作品がご覧いただけます



前回の画集は、“描かれた国別”に分類して掲載されておりましたが
今回は、“春夏秋冬”と、季節別に分類され、
更に朝から夜への時間の流れを感じながら楽しめる編集になっております

また、版画化していない作品も、多くご覧いただけます



『ヨーロッパ旅の画集』と同様ですが
掲載作品の下に、鉄平先生が描きながら感じたことや、
作品に込められた想いが
一言、添えられております。

初めて作品をご覧いただいた時の印象が、より深まるか
また違った印象を感じていただけるのか、
そんなところも、どうぞお楽しみください。


(参考までに、下の画像は、前回の画集(ヨーロッパ旅の画集)特装本です。
右画像の様に、直筆のサインとエディション番号が入ります。)

笹倉鉄平ヨーロッパ旅の画集 笹倉鉄平画集


★ 2017年、3月23日更新

笹倉鉄平最新作『オンネア』と、『アパルトマンの窓辺』

今回の新作『オンネア』は、
今までに発表された笹倉鉄平作品の
“セルフオマージュを思わせる幾つかのメッセージが込められているようです。

例えば
パリで個展をした年(2008年)に発表された作品に
『アパルトマンの窓辺』という作品が有りますが
こちらのヨーロッパでのタイトルは
『Bonne_Chance!』。

これは、英語で言う“Good luck!”のフランス語で
幸運がありますように、という意味です。

そして、今作『オンネア』の意味も、
作品のモチーフになったフィンランドの言葉で
同じく“Good luck!”
つまり、同じタイトル、メッセージを込めて描かれた作品と受けとる事が出来ます。

そんな作家の想いが込められているからなのか
見ていると、なんとも幸せな気持ちになれる作品ですね

オンネア、笹倉鉄平 笹倉鉄平アパルトマンの窓辺


★ 2017年、3月4日更新

笹倉鉄平★最新作『オンネア』が発表されました。

笹倉鉄平代表作の一つといわれる、
2003年リリースの作品『エヴァーグリーン』を彷彿とさせ、

作家が常に追い続けている“光の表現”は、更に進化し、
味わい深く感じられます。

また、こちらの作品は、
1点ずつサインとエディション番号が入り、特別装丁された
“限定画集”(285部のみ)が付いております。

(どうぞお気軽にお問い合わせください。)
★作品詳細はコチラ

オンネア 笹倉鉄平

因みに“オンネア”(Onnea)は、作品に描かれたフィンランドの言葉。
英語の“Good Luck”と同じ意味です。
皆様に幸運がありますように。



★ 2017年、2月25日更新

笹倉鉄平、『おかえり!』額装アレンジ

前回は、今回の作品用に鉄平先生が選ばれた額装を紹介しました。
(特にご指定が無い場合は、この基本額で額装させていただきます)

また、お部屋や家具の雰囲気に合わせて、
額アレンジをご希望されるお客様もいらっしゃいましたので、
実際に作成した額装を、いくつか紹介させていただきます。


上段は、ベージュのベースに淡い金彩柄が入った額装。
アンティーク調な家具にも合うイメージです。

下段は、作品の舞台になった英国コッツウォルズ地方のガーデンの雰囲気で、
シャビーシックなイメージの額を選ばれました。

笹倉鉄平_おかえり 笹倉鉄平 おかえり
笹倉鉄平おかえり おかえり 笹倉鉄平


★ 2017年、2月11日更新

笹倉鉄平、『おかえり!』額装画像

今回、鉄平先生が選んだ額は、2010年にリリースされて早々に完売した人気作品『言葉のかわりに』、と同型で
ホワイトパールのシンプルで上品な額装です。

また、キャンバスではなく紙の作品ですが、
サインとエディションは、作品の中に入っている為、
目立ち過ぎないように、淡く細い文字で書かれております

笹倉鉄平_おかえり 笹倉鉄平おかえり
笹倉鉄平_おかえり 笹倉鉄平おかえり


★ 2017年、1月14日更新

最新作は、、、

2017年最初の作品『おかえり!』が発表されました。

今作は、犬を飼われたことがある方なら、誰もが経験されたであろう
帰宅時に、目をキラキラさせてお迎えしてくれる
愛らしい子犬たちの様子を、クレパスで描いた作品です。


★作品詳細はコチラ

笹倉鉄平_おかえり!


★ 2017年、1月13日更新

スペシャル額装

ヨーロッパの四季を描いた連作『水辺のスケッチ・スイート』

それぞれは小振りな作品ですが
4点まとめて額装しますと、、、

大型作品のような特大サイズで
尚且つ、四季の流れが感じられる仕上がりになりました。

横幅は、なんと、143cm!
(ちなみに大型の『エデルシュタイン村へ』123cm、『ブリッゲン』127cmです)
★作品詳細はコチラ

昼間の光を描いた大きめの作品を探しているお客様のご希望で、
作成しました。いかがでしょう?

笹倉鉄平_水辺のスケッチ


★ 2017年、1月3日更新

明けましておめでとうございます

お陰様で元町のギャラリーは、今年の4月に10周年を迎えます

この10年間(正確にはまだ9年と8ヶ月・・・)、沢山の方々に支えられ
節目の年を迎える事が出来ることを、心より感謝しております

2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますように

笹倉鉄平ギャラリー



★ これまでのギャラリー情報

“お時間がございましたら是非こちらもご覧ください”

~2016年以前のページはこちら~

2016年のギャラリー“ギャラリー2016”をご覧下さい

2015年のギャラリー“ギャラリー2015”をご覧下さい

2014年のギャラリー(第4回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2014”をご覧下さい

2013年のギャラリー“ギャラリー2013”をご覧下さい

2012年のギャラリー(第3回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2012”をご覧下さい

2011年のギャラリー(カダケスの旅、他)は“ギャラリー2011”をご覧下さい

2010年のギャラリー(第2回笹倉鉄平サイン会、他)は“ギャラリー2010”をご覧下さい

2009年のギャラリー“ギャラリー2009”をご覧下さい

2008年のギャラリー“ギャラリー2008”をご覧下さい

2007年のギャラリー(第1回笹倉鉄平サイン会等)は“ギャラリー2007”をご覧下さい

ピックアップ!(笹倉鉄平ファンの皆様紹介コーナー)“ギャラリーのお客様”をご覧下さい



(C)All of Art TEPPEI SASAKURA/ART TERRACE
このホームページで使用している作品画像については
笹倉鉄平作品の版元(株式会社アートテラス)より掲載の許可を得ております。
画像・文章の転載、引用はお控え下さいませ
(笹倉鉄平オフィシャルHP http://www.teppei.net/

笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】