笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】

笹倉鉄平『その朝、南仏の港は霧につつまれていた―』2024年6月上旬リリース作品(ジクレー・版画)


『その朝、南仏の港は霧につつまれていた―』

心身ともに疲れきっていた時、
目や心を、優しくしっとりと癒してくれた
今も忘れられない景色がある――
*   *   *
2015年、フィレンツェでの個展直後に休養へ向かった先は、
フランス南東部に在る、ヴィルフランシュ・シュル・メール。
展示の作業以外にも、記念行事などがあり通常の個展の何倍も
疲弊したまま、夜遅くに到着した小さな港町だった。
その翌朝。
遠景が見えないほど深い朝霧に包まれた港は、まだ街燈が灯っていて、
人の気配も時間の感覚も希薄で、とても静かだった。
朝のコーヒーを片手に、霧が徐々に薄くなってゆく様子を
ぼんやり眺めていると・・・

慌ただしかった昨日までの出来事は、
不思議なほど昔のことのように思え、
同時に、心の疲れも遠のいていくような感覚が生まれる。
それは、光と水の粒子たちの絶妙なバランスが見せてくれた 潤いに満ちたひと時だった。

笹倉鉄平。



“笹倉鉄平作品一覧”の頁に戻る



(C)All of Art TEPPEI SASAKURA
このホームページで使用している作品画像については
笹倉鉄平作品の版元(株式会社笹倉鉄平オフィス)より掲載の許可を得ております。
画像・文章の転載、引用はお控え下さいませ
(笹倉鉄平オフィシャルHP http://www.teppei.net/

笹倉鉄平作品専門画廊【元町コンフォートギャラリー】